訪問看護ステーション専門 Web採用支援

「採用側がコストを抑えつつ、複数の応募者から 採りたい看護師・療法士を選別できる」

​訪問看護ステーション専門の採用Webマーケティング支援パッケージ

「houkan story」

img1.jpg

訪問看護ステーション専門の採用に
   Webマーケティングが必須な理由

看護師・療法士は引く手あまたで、訪問看護ステーションは求人広告出して待っているだけでは、応募者はきません。

顧客獲得のために、企業はマーケティングを行います。

看護師・療法士の採用もしっかりとマーケティングの考え方を導入し看護師・療法士を獲得しにいく必要があります。

看護師・療法士は採用Webマーケティングが必要となったのは、

「スマートフォンの普及やIndeedの台頭に伴う職探しの行動変容」が

大きく影響しています。スマートフォンの普及により、いつでもどこでも、隙間時間でも長時間でも、転職先情報を入手できます。

限られた時間で情報を得て応募する時代とは異なり、

じっくりしっかりステーション情報を得た上で 「ここなら!」と動機付いてから行動に移ります。

「houkan story」の具体的な施策

【現状掌握~現状分析】1週間~2週間

現状の募集状況、運営状況、テーションの強み弱み、

立地、管理者の経歴、思考、スタッフ状況などヒアリング

選別看護師のニーズの汲み取り

セグメントした看護師に目を向けてもらうためのーズの汲み取りを行います。

【アクションプラン構築】1週間

​セグメンテーション

集めたい看護師の年齢、臨床経験、性格、趣味嗜好などどの層が欲しいのかを組み立て選別します。

ターゲティング

セグメンテーションとニーズ汲み取りを元に、ニーズに沿ったコンテンツをどのように準備すれば目を向けてもらえるのかを考案します。

【施策の実施】1ヶ月

採用マーケティングにおける次の手法を通してアクションプランを実行に移します。

img2.jpg

①ブランディング再構築(ターゲットなる求職看護師に認識される魅力づくり)

②採用専用ページの作成(魅力を打ち出し、わかりやすい、思わず応募したくなるページ)

③採用ページへの「求職者集客」(広告を併用するなどの対策)

④導線設計~対策(マーケティングプロセスを設計し対策)

⑤受け皿設計(ストレスのない選べる問い合わせフォーム)

⑥コンテンツ作成(継続)(ブログ、ニュースなど途切れなく発信)

⑦SEO対策   ⑧キャリアサイト作成

⑨SNSへの反映 ⑩オンライン求人広告

データ検証

Googleアナリティクスにて実際のメールや面接数などのデータを集め、解析をします。

本当に施策がうまくいっているかを協議して、次の一手を考えます。

画像3_edited_edited.jpg

採用マーケティングの重要性と将来

採用Webマーケティングでは前から知っていて、転職したいタイミングで「このステーションに興味があるから問い合わせしてみようかな?」と行動してくれるように促す仕組みです。

潜在層にもアプローチしていくので、長期的に見た時に自社の「ファン」を作り出す為の考え方なので

人材獲得競争を回避して効率のよい採用活動につなげることができます。

将来、ますます首都圏では採用難易度が高まる中、さらに重要度が増してくる採用手法なので、

ご検討いただくことをお勧めいたします。